ローダウン車両への大切な一手間/GR8大府店

ローダウン車両への大切な一手間/GR8大府店

こんにちは。大府店の宮坂です。

 

なんと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!わたくし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!今年も歳を取ってしまいました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

29歳になりました。

知らない間にアラサーになっていたショックは置いておいて、最後の20代、ポジティブに楽しめたらいいなぁ。

 

 

 

 

 

 

誕生日は全く関係なく、仕事は襲ってくるもの。

引き続き納車の準備で大忙しです。

 

こちらは字光式ナンバーのLEDユニットを付けている青木君。

 

 

 

さて今日は車の移動中、気になる点があったのでハイエースオーナーの皆様にもお話。

何度かこのブログにも登場しているのですが、レゾネーターという部品をご存じでしょうか。

 

運転席側のホイールを外すと見える、この黒い樹脂製のタンクの様な部品。

外から空気を取り込んだ際、エンジン内部に送り込む道中に分岐させる形で付いているのですが、

取り込んだ空気をレゾネーター内部で反響させ、吸気音を中和させて小さくする・・・という役割を持つ部品です。

 

何が気になったかというと、Uターンでハンドルを大きく切った時

 

ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリッ!!

 

という車内に響き渡るヤバそうな音。

タイヤがレゾネーターに干渉して鳴る音です。

 

もちろん普段は絶対に干渉しませんが、ホイールをインチアップしたり、ローダウンしたり、その両方だったり・・・と車に手を加える内容によっては、干渉する可能性が高いのです。

 

放っておくと擦れるだけでなく、穴も開いてしまい、そこから砂や小石を吸い込んでエンジンに到達して、車が最悪お釈迦・・・なんてことも十分考えられます。

 

 

 

と、いう場面でこれらを解決してくれるのが、レゾネーターキャンセラーという部品。

「当たっちゃうなら、もうレゾネーター自体取っ払っちゃえ!」

ということで外してしまい、元々ついていた部分には専用のキャップで蓋をします。

 

先述の通りレゾネーターは吸気音を調整する役割の部品なので、外してしまっても走行性能には影響を及ぼしません。

何よりこのレゾネーターキャンセラー、3千円前後で購入できますので非常にお財布にも優しいですし、タイヤ一本外せば作業できますので時間もかかりません。

 

せっかくの大切なハイエース、大事に至る前にちょっとの対策、してみませんか?

当店でも取り扱いしておりますのでぜひお問い合わせくださいね!

 

 

 

一覧に戻る

PAGE TOP